ベビーシッターが東京で多胎児を保育するとき

subpage-img

東京の多胎児の子育てでは、妊娠期間中から出産も含めて母体にとってリスクのあることであり、それから始まる子育てはなお一層大変なエネルギーが、必要となります。



ベビーシッターはこうした母親の身体的、精神的状況を踏まえたうえで、保護者が必要としている保育を行うことが、大切になってきます。


多胎児は一卵性双生児と二卵性双生児があり、一卵性双生児の場合一つの受精卵が分かれるので、容姿も同じですし性別ももちろん同じです。

これに対し二卵性双生児の場合は、受精卵がそれぞれ別ですので双子といっても同じ時期に生まれたきょうだいというほうが、近くなっています。



また多胎児の場合、同時に生まれたからといっても出生時の体重に差があったり、退院が別々という場合もあります。



東京で出生してすぐのころは、それぞれが異なった生活リズムで授乳や睡眠など別々のことも多いのですが、徐々にリズムを合わせていくようにしている、東京の母親が多いでしょうからベビーシッターも、それぞれの子供のリズムを確認して保育するようにします。
生後5か月を過ぎるころから、同じように生活していた多胎児にも違いが出てくるようになります。

力関係が出てきたり、その時々に応じてまた逆転したりなどの様子が見られます。

そして1歳を過ぎると、今度は競争意識が出てきて1人が何かしていると、自分も同じようにしたがったり2人一緒で満足していたことも、独り占めしてみたくなったりという感情が出てきます。

こうした関係の中で積極的な子供や、おとなしい子供などそれぞれの性格が形作られますので、ベビーシッターは特にこの時期には注意して保育にあたらなければなりません。

top