東京のベビーシッターが提出する報告書と行動の注意点

subpage-img

東京の保護者は自分が不在の間、子供がどのように過ごしているのか知りたいと思うのは、当然のことです。ベビーシッターは保護者に代わって保育担当した時間の子供の様子を、正確に詳細に保護者に報告する義務があります。特に食事や排せつ睡眠などは子供の健康管理上で、非常に重要なことになります。
子供の保育を引き継ぐという観点で、報告書に記入します。
来客や電話などがあった場合にも、その都度メモを取っておきます。
また保育記録は、契約内容の報告確認書としての役割を持ちます。



すなわち東京の利用者への請求や、ベビーシッター自身の給与計算の元でもあります。


ですから保育日、利用時間なども正確に記入するようにしてください。


また当然ですが、保育記録を記入するにあたって夢中になり、子供から目が離れることがないように注意しなければなりません。



報告書のほかにベビーシッターがとる行動の注意点としては、東京の保護者の都合による時間の変更など、当初の指示と差異が生じた場合は、すぐに会社に報告します。
金銭を預かったりベビーシッターが立て替えたりした場合には、領収書やレシートを添えて速やかに清算できるように、整理しておきます。

訪問宅の電話を使用しないのはもちろんですが、自分の携帯電話などにおいても私用電話やメールは、絶対にしてはいけません。保育中のトイレ利用は、子供の安全を十分に確認して状況に応じては、子供を連れて入ったりドアを開けて入ったりする必要があります。



緊急事態が発生しても、決して子供だけにしてはいけません。

top