東京で展開されている法人契約のベビーシッター

subpage-img

東京都には様々な規模の企業があり、多くの人々が働いていますが、近年の傾向としては女性の役職者が優先して登用されていることです。


これは、男女雇用機会均等法が施行され、ずいぶんと定着してきた中で、単に女性の雇用機会を増やすだけではなく、より責任のあるポジションに登用し、その能力を発揮させようとするものです。

しかしながら、役職者ともなれば当然拘束時間は長くなりますから、子供を持つ女性役職者は夜間保育や延長保育を利用する必要がありますが、これに対応できる保育施設が少ないのも事実です。



大企業ともなれば、自社社員専用の託児施設を設置することも可能ですが、コスト面での負担が大きいことから、簡単に設置することはできません。
そこで、東京の多くの企業が採用しているのがベビーシッターの法人契約です。これは、企業がベビーシッター斡旋業者と年間契約を交わし、自社社員に対して無料もしくは割引価格でベビーシッターの利用を促すものであり、働く女性にとっては有益な制度です。



実際にこの制度を利用した、東京の企業で働く女性からは「会社が契約した会社から派遣されるので安心して子供を預けることができた」「保育士経験者を派遣していただいたので安心できた」といった声や「急な要請だったので、派遣してもらうことができなかった」といった声も上がっています。



いずれにしても、導入当初は若干の不具合もあるものですが、大切なのはこうした女性社員の声を取り上げ、より良い制度にブラッシュアップすることであり、法人契約のベビーシッターは非常に注目されています。


top